分科会の狙い

~日本の食料問題を考える~
TPP加盟を控え、日本の農業の競争力をつけるにはどうしたらいいか、という趣旨で、“日本の農業問題を考える”と題して勉強を始めたが、現在は“日本の食料問題を考える”と、取り上げる範囲を広げて勉強を続けている。この内容は、随時、政治家などに発信している。

第42期実績

エネルギー問題(地球温暖化を含む)と食料問題(農業再構築を含む)を中心に始めた会だが、今では日本が抱えるあらゆる課題を採りあげて問題提起して、それに対する対策を考えて自由に論じ合い、これを政策提言メモの形で纏め、過去にNMCの月例会講師として招聘したことがあり、政策に関与している旧知の与野党政治家やマスコミ関係者、官僚等に送信、配布している。
隔月に開催していたが、現在は四半期に1回、お昼の時間(13:15~14:45)に開催しており、メ―ル等で連絡して事前に情報交換もしている。

1 2 3 4 5